生きていくために必要なもの

ママに元気をお届けHolly堀井まきです

Holly

Holly堀井はこの冬ある研修に参加しています

丸一日週2回ほど通うので、結構集中して勉強しています

それは前々から興味があって知りたいと思っていた知識だったのですが、

なんせ週2回それも終日、

でもって出席要件も結構厳しい

でもって募集は年1回

なかなか受講のタイミングが合いませんでした

しかし今年度はぴったり!!

なんとか出席日数ギリギリで卒業できる程度受講できるぞ!!

 となり、受講しました。

その講座は、、、

盲ろう者介助、通訳者養成講座

私は堺市の手話通訳者に登録させていただいてますが

「触れて伝える情報コミュニケーション」に興味があって

学びました

ベビーマッサージやおくるみタッチケアとは関係ないやん

と思われるかもしれませんが、

めっちゃ関係あります

盲ろう者介助、通訳研修で思ったこ

 情報ってめっちゃ大事

人間生きていく上で必要なもの、

衣食住

と学校で習いましたが

情報って超大事

目が見えない、見えにくい人は

耳から主な情報が自然と入ります

耳が聞こえない、聞こえにくい人は

目から主な情報が自然と入ります

両方困難な人は、、、、

自ら積極的に触れていって情報を得るんです

こっちから触れていかないとなんの情報も入らない

 

あなたはどうですか??

この文章を読む、

耳から何かしら音が入ってくる

それだけで情報が入ってきています

 

想像してください情報が極端に少ない世界。。。。

 

不安になりませんか???

 

赤ちゃんもよく似た感じなのかなと

ふと講座中思うのです

 

 

もちろん赤ちゃんは盲ろうではないですし、

盲ろう者の方が赤ちゃんというわけでもありません

 

人は、どんな年齢、どんな状況であっても、

極端に情報が少ないと不安になります

 

情報をしっかり伝えることで

とっても安心することができるのです

 

盲ろうの方ならば、

触手話や指点字、音声通訳などを使って

赤ちゃんならばしっかりと触れて、声をかけることによって

 

だから、触れるコミュニケーション

 

赤ちゃんから大人、おじいちゃんおばあちゃんまで

みんなで触れるコミュニケーション続けます